お金借りる際には、金利が安いキャッシングサービスを!

お金を借りる際、気になるところは、金利面とスピーディさが重要になってくると思います。金利は安い方がいいし、即日で対応してくれるカードローンがいいに決まっているわけです。その両方のニーズを兼ね備えたキャッシングサービスが「アコム」です。アコムの金利は、4.7%〜18.0%となっており、低金利で借りることができます。また特筆すべきところは、初めての方なら契約日の翌日から30日間金利がかかりません。つまり、無利息のサービスがございます。

 

そして、アコムなら即日融資も可能なカードローンなので、審査さえクリアーすれば、非常に使い勝手がいい一枚になります。是非チェックしてみてください。

安定した収入がある人はキャッシングを利用できる

お金借りる金利安い

キャッシングのサービスを利用して、借金をするための最低限の条件として、借りたお金をしっかり返済することが必要になります。また、当然、借金をするわけですので、金利の負担をしなければなりません。キャッシング業者の利益の源泉は、金利ということになりますので、しっかり金利負担をしなければならないのです。ですから、言い換えますと、キャッシングの利用ができる人は、しっかり返済できる分の収入があることが条件となります。また、申込み時には正社員や正職員などとして働いている場合でも、中小企業の社員や自営業の方は、将来的な収入が保証されているわけではありません。特に、何度も転職をしているような人は、申込み時に勤務している会社に定着するわけではないので、転職回数が多いような人は、キャッシングの申込みができない可能性も高いのです。そして、ご自身一人だけで生活をしているような場合には、生活費を賄えると思うのですが、お子さんがいるような場合には、当然、養育費などがかかりますので、いずれ、借金の返済ができなくなる可能性が高いと見なされる場合もあります。安定した収入があれば、問題なく、キャッシングを利用できるのですが、生活に窮していなくても、キャッシングを利用できるように申込みをするケースもあります。ご自身の貯蓄などがないような場合には、急な支出が必要になれば、借金をしなくてはならないこともあるのです。

キャッシングの限度額について

お金借りる金利安い

クレジットカードやカードローンを使って、キャッシングをする場合、どのカードにも借入限度額が設定されています。2010年に総量規制が施行されて以来、この限度額は厳格になっています。総量規制は、例外の借入金以外については、年収の三分の一以内しか借りることができないのです。このため、キャッシングであっても、この年収の三分の一規制が適用されるのです。

ちなみに例外の借入金とは、高額な長期債務となる住宅ローンと命にかかわる医療費ローン、高額な借入金の一つのマイカーローンの三つです。この総量規制は、多重債務者防止を主な目的としています。このため、例外ローン以外の借入金については、総量規制適用のため、毎年、収入金額を確認するための書類をカード所有者に求めなければなりません。
ちなみに収入金額を証明する書類としては、サラリーマンであれば給与所得の源泉徴収票であったり、個人事業者であれば確定申告書の写しや納税証明書であったりします。キャッシング利用者はこうした書類を毎年提出しなければなりません。
当然、収入金額が下がれば、借りることができるキャッシング枠も相対的に減ることになりますし、逆のケースでは枠が増えることになります。